『イメージする』*\(^o^)/*

『イメージする。』

頭の中で思い描くこと。

子供達を指導する上で、
いつも考えるんですが、

どんなイメージで打ってるんだろう?

指導者の共通の悩みかもしれません。

高校生くらいになると『イメージのすり合わせ』も短時間で済むんですが。

小学生になるとそうもいきません。なかなか時間かかったりしますよねσ(^_^;)

『こうすればこうなる。』

という抽象的なイメージを植え付けることから始めなければなりません。

且つ、イメージを絶えず持てるように指導しなければなりません。

この、イメージも二種類あって、

一つは大きなイメージ。
『いづれこうゆうバッターになる。』
という目標イメージと、

実際にこうゆうボールが来たらこう打つ。

という現実イメージ。

大きな目標イメージは、必然的に理想の形。

まず必要な要素ですよね♪( ´▽`)

右打ちで長距離を打てる子が、足の速い左バッターを目標にされても困ります笑。

なのでスクールでは、写真や動画、プロの瞬間の写真を見て、たくさんイメージしてもらっています。

現実と理想を合わせて、
もっとスケールの大きい野球を目指してほしいし、

『人間は思い描くものにしかなれない。』

とも言いますから、

大きくイメージしてほしいですね♪( ´▽`)

まずここが出来なければ、

なぜこうゆう注意を受けているのかさえ、わからなくなります。

解らなければ、直るはずもありませんよね( ̄+ー ̄)

大きな理想というイメージが出来上がると、

現実的なイメージはかなり早くイメージ出来るようになります。

『今の打席は失敗だったな~~σ(^_^;)』

と思っても成功といえます。
成功のイメージがあって、
どこが失敗なのかが解れば、

大成功です。

なのでどんどん失敗して、どんどん悩んで、

どんどんイメージしてほしいですよね♪( ´▽`)

『次はこうする』

という強いイメージを抱いてほしいですね*\(^o^)/*

理想と現実から逃げると野球を嫌いになりかねません。

出来ない=面白くない。

になってほしくありませんよね。

イメージできてくると、

出来ない=悔しい。

出来ない=次は必ず成功する。

出来ない=楽しい?

いつのまにか出来た\(^o^)/

出来ない大きな壁があるからこそ大きなイメージで乗り越えてほしいですよね(^_−)−☆

『みんなちがってみんないい』

キミの運命は進化するのを待っている♪( ´▽`)

スイッチON!バッティングスクール
c0361938_07495274.jpg


[PR]
# by nanashunn0712 | 2016-08-31 07:48 | Comments(0)

『思考』( ̄+ー ̄)

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

マザー・テレサ

スクールにいるときに一番気にしているのは子供達の“言葉”です。

それは言葉から思考が読み取れるからです。

子供達の思考のほとんどが親御さんから受けた思考が多いです。

当たり前ですが、
何もかも今からの子供達ですから、

一番身近にいる親御さんの影響をもろに受けますよね!!
なので10人いれば10人違います。

子供達一人一人の受け取り方も違いますので、

兄弟でも全然違いますよね!!

素直な子ほど自分から心を開き、

『聴く』耳を持っているのでどんどん吸収していきますよね!!

その子の親子関係を見てみると、

やはりある程度対等ですよね!!

一方通行の家庭では、
《何か引っかかる》と心を閉ざしてしまいます。

それを、
“わがまま”で表現したり、“拒否”したりと。

根本を変えなければ何もならないのに、
人のせいにしてしまいますよね!!

思考一つで何年後には差になるのは当然ですよね!!

スクール生との会話でも、
大人だなぁ~成長したな!
と思う場面もあれば、
まだまだ子供だな!

と思うこともあります。

一つ一つ経験しながら成長していくんでしょうね\(^o^)/
言葉一つ一つを受け止めてあげることが大事なんでしょう♪( ´▽`)

忙しいからとか、
機嫌が悪いからとか、

子供達からすれば何も関係ありませんよね!!

これからの成長を『言葉』や『行動』で感じとってあげたいですね!

キミの運命は進化するのを待っている♪( ´▽`)

スイッチON!バッティングスクール
c0361938_07454638.jpg


[PR]
# by nanashunn0712 | 2016-08-30 07:43 | Comments(0)

進化→深化 *\(^o^)/*

『深化』

進化ではなく、『深化』
何を想像しますか?
『進化』は新しい技術を掴み新たな自分を作ること。
《深化》とは?
学びや技術をより深く、より広くすることでしょうか?

学びや技術を深めるためにはどうしたらいいでしょうか?

聞く《 聴く。

まだまだ今の子供達は『聞く』状態ですよね?
聞く中で、

『それは知っている。』
『それは判っている』
と思えばそれ以上聞きませんよね?
大人も同じなんですが……。

『聞く』ではなく、

『聴く』ことで、0の状態、素直な心で聴くことが出来ると、同じ言葉でもいろんな受け取り方ができますよね?
自分自身の心のドアを開けない限り、
学びや技術は深まりません。

まだまだ沢山学べるのに、
『それ知ってる』
と思えばそこで止まりますよね?
素直な子が伸びていく一番の要因ですよね?
聴くことが出来る選手ほど伸びていく……ん~
当たってます。
2・3年後にはとんでまない差になって現れますよね?
塾や習い事で先に詰め込むと、
創造性が損なわれると言われるのも納得です。

聴けない選手ほど、
『野球を習ってない、
教えてもらってない。』
と言ってるのを聞いたことあるようなσ(^_^;)

聴くだけでチャンスは沢山あるのに……と思ってしまいますよね?
しまいには聴かないのでいつも怒られる選手になってしまいます。
これは親が日頃子供達の声を聴いてあげているかによります。
やはり家庭が野球に出てしまいます。

あの人の言われることは聞いて、この人の言われることは聞かない。。。。ただのわがままですよね(^_−)−☆

わがままを聴くのではなく『思い』を聴いてあげてほしいですね♪( ´▽`)

指示・命令で子供達は言うことを聴いていると勘違いしている家庭が意外に多いのが現実です。
まずは私達指導者が素直な心で子供達の声を聴いてあげたいものです。
意外といろんなことを考えています。
話しだしたら止まらない子も笑。
そこを引き出すか引き出さないかは、

私ですか?

いえいえ、あなた?

指示・命令だけで教育を終わらせないでくださいね!
それは教育ではありません。

失敗や成功、勝ち負けだけでは、『思い』は引き出せませんよね♪( ´▽`)
技術は『思い』が現れたカタチですよね( ̄+ー ̄)

あなたならはどんなカタチにしますか?

週一回のスクールではなかなか話しを聴く時間は限られますが、
今週もひとりひとりとの会話を楽しみたいですね( ̄+ー ̄)

今週はどんな話しが聴けるか楽しみです\(^o^)/

c0361938_07504155.jpg






[PR]
# by nanashunn0712 | 2016-08-29 07:34 | Comments(0)

苦しみ( ̄+ー ̄)

いつも読んで頂きありがとうございますm(__)m

さて先週からハイレベルクラスを開催したわけですが、
やはり印象的なのは、『焦り』ではないでしょうか。
特に中学3年生は、受験勉強もあり、心と体のバランスが崩れやすい時期ですよね。
勉強もしなきゃ、練習もしなきゃ!!で追い込まれてるようです。
4月にはどこかの高校に行くわけですから。

4月というかなり近い未来を想像しなければ、
今をどう過ごすか?が考えられませんよね?

ご家庭でいろんな会話をされてあると思いますが、
決断する日が迫っています。
思い返せば、私はこの時期には高校への特待も決まり、4月のロケットスタートに向けかなり激しい自主トレを毎日やっていた記憶があります。

入学後のことを想像しながら練習をしていましたし、
高速下で、練習していた記憶があります。
その頃からでしょうか?
時間があれば天拝山に走って登り始めて、素振りノルマを毎日1000回を課したのは。
懐かしい記憶ですが、
おかげで自分なりに、入学後のロケットスタートできたと思います。
気持ちの上でも、人よりも努力している自信がつきはじめた時期かなとも思います。

もうひとつこの時期だからできること。

『思い出』を思い出す。こと。

野球を始めた時のこと。
初めて打席に入った時のこと。
初めて打った時のこと。
初めてヒットを打った時のこと。
初めて三振した時のこと。
初めて守りについた時のこと。
初めてのエラーをしたときのこと。
初めてアウトを取った時のこと。
初めて監督から怒られたこと。
初めて監督から褒められたこと。
楽しかったこと。
嬉しかっこと。
涙を流した日のこと。
苦しかった日があったこと。
勝てて大喜びした日のこと。

考えるといろんな思い出がありますよね

勝てなかったから駄目じゃない。苦しみを経験できたからこそ、高校での飛躍が待っている。
そう思いたいですよね
苦しみの先に何があるのか、選手自身に見てほしいし、経験してほしい。

あの頃があるから、今の自分がある。
と気づくときが来るはずです。

苦しみの先に何がある?
悔しい負けの先に何が見える?

楽しみですよね♪( ´▽`)

ご家庭で、ご家族みんなで話してみてくださいね。
次やることが見えてくるかもしれません❗️

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ただいまスイッチON!バッティングスクールでは、

社会人2名、高校1年生2名、中学3年生5名、中学2年生2名、中学1年生2名、小学6年13名、小学5年生6名、小学4年生6名、小学3年生3名 の計41名(不定期レッスン含)がスイッチON中です。

枠が埋まりつつありますので、ご興味ある方は是非メッセージください。
体験も随時募集中です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
c0361938_19063818.jpg


[PR]
# by nanashunn0712 | 2016-08-28 19:04 | Comments(0)

『作り出す』*\(^o^)/*

『作り出す』

野球にも沢山の基本がありますよね??
ですが、プロ野球を見ていると、
いろんなオリジナリティー溢れる選手ばかりです。
なぜでしょうか??
基本や理論、打法というより体の使い方が理にかなっている選手が多いことに気付きますよね。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

『守破離』

守破離(しゅはり)は、日本での茶道、武道、芸術等における師弟関係のあり方の一つ。日本において左記の文化が発展、進化してきた創造的な過程のベースとなっている思想でもある。個人のスキル(作業遂行能力)を3段階のレベルで表している。

まずは師匠に言われたこと、型を「守る」ところから修行が始まる。その後、その型を自分と照らし合わせて研究することにより、自分に合った、より良いと思われる型をつくることにより既存の型を「破る」。最終的には師匠の型、そして自分自身が造り出した型の上に立脚した個人は、自分自身と技についてよく理解しているため、型から自由になり、型から「離れ」て自在になることができる。

武道等において、新たな流派が生まれるのはこのためである。

個人のスキル(作業遂行能力)をレベルで表しているため、茶道、武道、芸術等だけでなく、スポーツ、仕事、勉強、遊び等々、世の中の全ての作業において、以下のように当てはめることができる。

守:支援のもとに作業を遂行できる(半人前)。
自律的に作業を遂行できる(1人前)。
破:作業を分析し改善・改良できる(1.5人前)。
離:新たな知識(技術)を開発できる(創造者)。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

プロの世界で活躍する選手は、
守を超え、破を破り、
離という自分自身の境地を超えた人達です。
基本は充分に解る。

だがそれだけでは一流になれない。

どうやったら、昨日の自分を超えられるか?

悩みに悩んで、考えに考えて、
練習に練習を重ね、
回りがどう言おうと、
自分を貫き通した結果、
自分自身しかわからない境地に行った人達ですよね

なので、それぞれの選手に理論があり、
持論があるわけです。
子供達にも言っていますが、

私の指導を100パーセント聞いても、
プロ野球にはなれない。

失敗の中から、自分で考え、
成功の中から、自信をつけ、

自分がなりたいものを目指す。

プレースタイルやプレータイプは、

自分で決める。

人に言われるくらいのスタイルでは、

なれそうでなれませんよね
早く、私の考えを読み、私の考えを超え、

自分自身の考えを掴んでほしいですよね。

そこまで行くと、

欲しいものが手に届くかもしれませんよね?
夢は自分で描き、自分で掴みにいくものです。

いづれ出会うだろう新しいメンバーにも、

そうゆう思いで接していきたいですね

暑苦しいかもしれませんが、

情熱を持った、元気のある。

泣きたい時に大声で泣ける、

うれしい時は、飛び上がって喜び、

みんなで一つになれるスクール生に育てたいです❗️

思いが目標を作り、

目標が行動を生み、

行動が昨日の自分を超える。

過去の自分が今を作り出し、

今の自分が未来を作る。


キミの運命は進化するのを待っている。

いましかやるときなかろうもん❗️❗️

c0361938_17454731.jpg


[PR]
# by nanashunn0712 | 2016-08-27 17:44 | Comments(0)