要求水準♪( ´▽`)

「牛になることはどうしても必要です。」
夏目漱石

昔の牛は、農業や林業でたいへん活躍してましたよね。
重い物をゆっくり確実に引っ張り、主人に忠実で、
昔の人々の役に立っていました。

『根気よく、こつこつと。忠実に。』

今私達が忘れている、一番大事なことです。
誰しも一日で大きな事を成し遂げることは、不可能です。
回りがどうあれ、決めた事をこつこつと根気よく努力できる人間こそ、大きな目標を成し遂げることができると思います。

私達は、必ず支えられながら生きています。

『その恩を返す気持ちでがんばれたら……』

凄い力を発揮しますよね!!
私達は、子供達に教えているつもりでも、
実は、子供達から学んでいます。

「なんでできないんだ!?」
から、
「どうやったらできるようになるだろう?」
と考えますし、
それが出来るようになると、嬉しいし、
もっと頑張れ!!って、気持ちにもなりますしね
勝てば嬉しいし、負けると悔しいですし、
気持ちはいつも同じです。

私達指導者や親が謙虚に学ぶ姿勢を子供達に見せる必要がありますよね!!
子供達ができないことを責めるよりも、私達がまず変わる必要があるかもしれませんね!!

いつも私達指導者が100点ばかり要求すると90点でも、出来なかった10点にフォーカスしてしまいます。

60点をいつも取る子が70点を取ると??
30点にフォーカスしそこを怒るか?
『10点アップしたね!!』ってゆう視点で見たいですよね❗️要求水準は人それぞれですが、
スクール生も出来ること。出来ないこと。人それぞれたくさんあります。

もちろん出来ることを、出来なければ叱りますが。

ですが、要求水準がいつも高い親御さんの子を見る度に可哀想になるのも本音です。
周りを気にし、人と比べられ、
作られた『おりこうさん』は、いりませんよねσ(^_^;)

あんたの失敗は私の失敗。と堂々と背中を押してあげてください。

まだまだ成長の段階ですからね❗️

さあ今週も台風に負けず張り切っていきましょう*\(^o^)/*

キミの運命は進化するのを待っている

スイッチON!バッティングスクール
c0361938_07265831.jpg


[PR]
# by nanashunn0712 | 2016-09-05 07:26 | Comments(0)

『言葉』o(^_^)o

『やさしい言葉は、
たとえ簡単な言葉でも、
ずっとずっと心にこだまする。』
マザー・テレサ

子供達の心の中にある言葉はどれだけ前向きでしょうか?後ろ向きでしょうか?
どれだけ積極的でしょうか?消極的ですか?
どれだけやさしいでしょうか?厳しいですか?

思いが言葉に現れますし、
良い結果を望むなら、
良い言葉が出てきますよね♪( ´▽`)

ライバルを蹴落とす前に、ライバルのレベルアップを考えよう!!
ライバルがレベルアップした時、キミも自然と引き上げられている。

『ひとりで見る夢は夢でしかない。
しかし、誰かと見る夢は現実だ。』
オノ ヨーコ

みんなで支え合い、
みんなで励ましあい、
みんなで協力しあう。

スイッチON!で一緒に『夢』を追いかけようo(^_^)o

キミの運命の進化するのを待っている( ̄+ー ̄)
c0361938_07270968.jpg


[PR]
# by nanashunn0712 | 2016-09-02 07:26 | Comments(0)

『イメージする』*\(^o^)/*

『イメージする。』

頭の中で思い描くこと。

子供達を指導する上で、
いつも考えるんですが、

どんなイメージで打ってるんだろう?

指導者の共通の悩みかもしれません。

高校生くらいになると『イメージのすり合わせ』も短時間で済むんですが。

小学生になるとそうもいきません。なかなか時間かかったりしますよねσ(^_^;)

『こうすればこうなる。』

という抽象的なイメージを植え付けることから始めなければなりません。

且つ、イメージを絶えず持てるように指導しなければなりません。

この、イメージも二種類あって、

一つは大きなイメージ。
『いづれこうゆうバッターになる。』
という目標イメージと、

実際にこうゆうボールが来たらこう打つ。

という現実イメージ。

大きな目標イメージは、必然的に理想の形。

まず必要な要素ですよね♪( ´▽`)

右打ちで長距離を打てる子が、足の速い左バッターを目標にされても困ります笑。

なのでスクールでは、写真や動画、プロの瞬間の写真を見て、たくさんイメージしてもらっています。

現実と理想を合わせて、
もっとスケールの大きい野球を目指してほしいし、

『人間は思い描くものにしかなれない。』

とも言いますから、

大きくイメージしてほしいですね♪( ´▽`)

まずここが出来なければ、

なぜこうゆう注意を受けているのかさえ、わからなくなります。

解らなければ、直るはずもありませんよね( ̄+ー ̄)

大きな理想というイメージが出来上がると、

現実的なイメージはかなり早くイメージ出来るようになります。

『今の打席は失敗だったな~~σ(^_^;)』

と思っても成功といえます。
成功のイメージがあって、
どこが失敗なのかが解れば、

大成功です。

なのでどんどん失敗して、どんどん悩んで、

どんどんイメージしてほしいですよね♪( ´▽`)

『次はこうする』

という強いイメージを抱いてほしいですね*\(^o^)/*

理想と現実から逃げると野球を嫌いになりかねません。

出来ない=面白くない。

になってほしくありませんよね。

イメージできてくると、

出来ない=悔しい。

出来ない=次は必ず成功する。

出来ない=楽しい?

いつのまにか出来た\(^o^)/

出来ない大きな壁があるからこそ大きなイメージで乗り越えてほしいですよね(^_−)−☆

『みんなちがってみんないい』

キミの運命は進化するのを待っている♪( ´▽`)

スイッチON!バッティングスクール
c0361938_07495274.jpg


[PR]
# by nanashunn0712 | 2016-08-31 07:48 | Comments(0)

『思考』( ̄+ー ̄)

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

マザー・テレサ

スクールにいるときに一番気にしているのは子供達の“言葉”です。

それは言葉から思考が読み取れるからです。

子供達の思考のほとんどが親御さんから受けた思考が多いです。

当たり前ですが、
何もかも今からの子供達ですから、

一番身近にいる親御さんの影響をもろに受けますよね!!
なので10人いれば10人違います。

子供達一人一人の受け取り方も違いますので、

兄弟でも全然違いますよね!!

素直な子ほど自分から心を開き、

『聴く』耳を持っているのでどんどん吸収していきますよね!!

その子の親子関係を見てみると、

やはりある程度対等ですよね!!

一方通行の家庭では、
《何か引っかかる》と心を閉ざしてしまいます。

それを、
“わがまま”で表現したり、“拒否”したりと。

根本を変えなければ何もならないのに、
人のせいにしてしまいますよね!!

思考一つで何年後には差になるのは当然ですよね!!

スクール生との会話でも、
大人だなぁ~成長したな!
と思う場面もあれば、
まだまだ子供だな!

と思うこともあります。

一つ一つ経験しながら成長していくんでしょうね\(^o^)/
言葉一つ一つを受け止めてあげることが大事なんでしょう♪( ´▽`)

忙しいからとか、
機嫌が悪いからとか、

子供達からすれば何も関係ありませんよね!!

これからの成長を『言葉』や『行動』で感じとってあげたいですね!

キミの運命は進化するのを待っている♪( ´▽`)

スイッチON!バッティングスクール
c0361938_07454638.jpg


[PR]
# by nanashunn0712 | 2016-08-30 07:43 | Comments(0)

進化→深化 *\(^o^)/*

『深化』

進化ではなく、『深化』
何を想像しますか?
『進化』は新しい技術を掴み新たな自分を作ること。
《深化》とは?
学びや技術をより深く、より広くすることでしょうか?

学びや技術を深めるためにはどうしたらいいでしょうか?

聞く《 聴く。

まだまだ今の子供達は『聞く』状態ですよね?
聞く中で、

『それは知っている。』
『それは判っている』
と思えばそれ以上聞きませんよね?
大人も同じなんですが……。

『聞く』ではなく、

『聴く』ことで、0の状態、素直な心で聴くことが出来ると、同じ言葉でもいろんな受け取り方ができますよね?
自分自身の心のドアを開けない限り、
学びや技術は深まりません。

まだまだ沢山学べるのに、
『それ知ってる』
と思えばそこで止まりますよね?
素直な子が伸びていく一番の要因ですよね?
聴くことが出来る選手ほど伸びていく……ん~
当たってます。
2・3年後にはとんでまない差になって現れますよね?
塾や習い事で先に詰め込むと、
創造性が損なわれると言われるのも納得です。

聴けない選手ほど、
『野球を習ってない、
教えてもらってない。』
と言ってるのを聞いたことあるようなσ(^_^;)

聴くだけでチャンスは沢山あるのに……と思ってしまいますよね?
しまいには聴かないのでいつも怒られる選手になってしまいます。
これは親が日頃子供達の声を聴いてあげているかによります。
やはり家庭が野球に出てしまいます。

あの人の言われることは聞いて、この人の言われることは聞かない。。。。ただのわがままですよね(^_−)−☆

わがままを聴くのではなく『思い』を聴いてあげてほしいですね♪( ´▽`)

指示・命令で子供達は言うことを聴いていると勘違いしている家庭が意外に多いのが現実です。
まずは私達指導者が素直な心で子供達の声を聴いてあげたいものです。
意外といろんなことを考えています。
話しだしたら止まらない子も笑。
そこを引き出すか引き出さないかは、

私ですか?

いえいえ、あなた?

指示・命令だけで教育を終わらせないでくださいね!
それは教育ではありません。

失敗や成功、勝ち負けだけでは、『思い』は引き出せませんよね♪( ´▽`)
技術は『思い』が現れたカタチですよね( ̄+ー ̄)

あなたならはどんなカタチにしますか?

週一回のスクールではなかなか話しを聴く時間は限られますが、
今週もひとりひとりとの会話を楽しみたいですね( ̄+ー ̄)

今週はどんな話しが聴けるか楽しみです\(^o^)/

c0361938_07504155.jpg






[PR]
# by nanashunn0712 | 2016-08-29 07:34 | Comments(0)