『つらくても頑張る?』( ̄+ー ̄)

『つらくても頑張る??』

いつも読んで頂きありがとうございます*\(^o^)/*

これまでたくさんの子供達と接してきて、スクールでも体験やチーム指導や生徒達を見てきましたが、『打つ』ことが苦手、苦痛と感じて入って来た子もいます。
『打つ』ことが苦手、苦痛だ。
こうゆう視点ではなかなか上達しませんよねσ(^_^;)
『つらくても頑張る?』ことは良いことですか?
『つらくても頑張る?』ということは、今までにたくさんつらい事を言われたり、強制されたりもあるのでしょう。
だから、楽しかったはずの『打つ』ことが、だんだんとつらくなってきたはずです。
周りを囲む大人からのプレッシャーをもろに受けとってしまった。とも言えるかもしれませんよね。
周りの大人自身が
『働かなければいけない。』
『ご飯を作らなければならない。』
『チームの送迎をしなければならない。』
『時間を作らなければいけない。』
と、普通のはずの生活の一部が、強制された生活のなのかもしれませんよねσ(^_^;)
そうゆう視点で囲まれた子供達は。。。。。
『いつも何かを早くしなければならない。』
と、いつも自分ではない何かに支配されて生きています。
いつのまにか、『楽しむ心』を失った子供達。と言えるのかもしれません。
赤ちゃんにボールを一つ渡します。
赤ちゃんは勝手に、噛んだり、舐めたり、踏んだり、握ったりと、自然と楽しみ方を探していきますよね!!そんなことしたら危ない!と思うことすらありますよね。そうゆう経験から、赤ちゃんは遊ぶために遊びますよね。
楽しみ方のプロかもしれません。
いつのまにか、私たち大人が『楽しむ心』を忘れてしまっていますよね。
私たち大人が、『ボールで遊んでも意味がない!』と言っているようなものですよねσ(^_^;)
子供達はだれ一人悪い子はいません。
私たち大人が、楽しんでる姿を見せてあげたら。
私たち大人が、楽しく働いたら。
私たち大人が、楽しくご飯を作ったら。
私たち大人が、送迎でワイワイできたら。
私たち大人が、『野球』って楽しくてたまらん!
と言えたら。
自然とプレッシャーから解放されそうですよね!!
スイッチON!バッティングスクールでも、もちろん技術一番でやってはいますが、
『打つ』って楽しい!!を極めていきたいですよね^_−☆
ネクストバッターズサークルでニヤけれるバッターを😆😆😆
さあ、今日はどんな『楽しみ方』を子供たちに見せてあげますか??
まずは、ニコニコ笑顔から、張り切っていきましょう♪( ´▽`)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
思いが目標を作り
目標が行動を生み
行動が昨日の自分を超える。
過去の自分が今を作り出し、
今の自分が未来を作る。
キミの運命は進化するのを待っている。
スイッチON!バッティングスクール
http://bsswitchon.exblog.jp/
代表 田中俊之
経歴 天拝中学校軟式野球部
筑陽学園高等学校硬式野球部主将
九州三菱自動車硬式野球部
九州佐川急便軟式野球部
現在 株式会社ジェイ・ピー専務取締役
スイッチON!バッティングスクール代表
NPO法人ふくおかスポーツ応援隊 理事
日本メンタルヘルス協会 基礎心理カウンセラー
北海道日本ハムファイターズ田中賢介の実兄
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

スクール&個人レッスンは随時募集中です。
時間帯など詳しくはメール、メッセージにてお問い合わせください\(^o^)/
nanashunn@gmail.com
09020889557 田中迄
c0361938_11530900.jpg


[PR]
by nanashunn0712 | 2016-10-01 11:52 | Comments(0)